その他 of グンガノキ

その他

穴開け用、ボール盤先端工具
CIMG4896_2552.JPG

  • 向かって左が、穴開け用ブラッドポイントドリル。オフ・コーポレーション社で購入。ハイス鋼製でポイントのガイドが鋭角で鋭く、正確に奇麗に穴開け出来ます。
  • 向かって右は、座ぐり加工用の、スターエム社のウェーブカッター。円形に材を切削してくれます。円形材の埋め込み穴用。刃先が波形になってる為、従来のカッターよりも切削抵抗が少ないのが、素晴らしい。
  • 円カッターは特に、刃径が大きくなる程、回転速度が早くなり、切削抵抗が増えて、焼き付けを起こし易く、材が焦げたりカッターが摩耗したりしますので、使用毎に(面倒ですが)刃にシリコンオイルを塗布します。
  • 200Wクラスの卓上型では、(特に円カッターの場合)刃径に合った回転数で作業しても、モーターのトルクが足りずに、度々回転が止まりました。それで、適正回転数より高速で使用しましたが、今度は材の焼き付きが起こります。その辺の送りの調整が結構手間でしたが、卓上型でも大型の、300Wタイプを購入してから、そういった問題は無くなりました。大きな刃径でも、スロースピードでしっかり切削出来ます。

プラグカッター
CIMG2833_0745.JPG

  • 5ミリ〜12ミリまでの、小径の円形材を加工するのに使います。実際にくり貫かれる材の直径と、円カッターなどで開けられる円の直径には、多少の誤差があります。
  • 材の排出が悪いと、作業も進まないので、カッター内側には頻繁に、シリコンオイルを塗布してやります。

鑿(ノミ)とターニング用刃物
サイト用工房機械写真_0129.JPG

  • 鑿は、玩具作りでも、切り出しに使ったり、バリ取りに使ったり、色々出番があります。もともと切れ味の良い刃物ですから、持っていて損はありません。
  • 私の作業では鑿や鉋の出番が限られており、その点での木工の醍醐味が薄いのが、少し寂しい。研ぐのは年に数回なので、上達しません。

航空ベニヤ
CIMG2927_0833.JPG

  • 木村バルサ社扱いのフィンランド製航空合板。航空模型製作などで使われるため、模型店で売ってます。厚み1ミリから0,5ミリ単位で選ぶ事ができます。

CIMG2879_0790.JPG
航空合板を使った円定規

  • 素材はバーチ(樺の木)らしく、厚みが薄くても丈夫で、弾力性もあり、加工性、接着性も良いので、これを工作治具の素材として使ってます。一般の合板に比べれば、相当値が張る合板ですが、それだけの価値はあります。幾つかの厚みで持っていれば、捨てる端材も無い程に、大変役に立ちます。

bk2_top.gif