ドラムサンダー of グンガノキ

ドラムサンダー

米パフォーマックス社製卓上型ドラムサンダー
サイト用工房機械写真_0082.JPG

  • 出力750W。最大約250ミリまでの幅で、材を水平に研削、研磨してくれます。この機械のお陰で、今の私の玩具製作のスタイルがあると云っても、過言でない程、便利で有難い機械です。一般的には自動カンナ盤と呼ばれる機械で行う、材の水平、厚み出し研削の他、表面中仕上げ研磨、はめ込み材の凸面研削など、様々な研削、研磨作業で活用してます。

  • 本来は、定盤部分がベルトコンベア式になっており、自動的に材が送られますが、このコンベアと、材の抑えローラーの調整が難しく、また、ベルト下の鉄板製の定盤がやや、窪んでいるため、水平な研磨平面が得られませんでしたので、ベルトコンベアの仕組みと、抑えローラー部品を取り外し、MDF材で固定定盤にしてます。

CIMG2774_0672.JPG

  • 従って、材の送りは手押し式ですが、厚みがあり、一定の長さ以上の材は、「押し棒」を使って送り、薄い材、短い材はストッパー付きの「送り板」に載せて、送ります。手押しとは云え、適切な手法で送ってやれば、危険な作業ではありません。

CIMG2786_0684.JPGCIMG2785_0683.JPG

bk2_top.gif