バンドソウ of グンガノキ

バンドソウ/糸鋸

KERVバンドソーBS-14
サイト用工房機械写真_0062.jpg

  • オフ・コーポレイション社ブランドの14インチ・バンドソウ。出力750W。リング状のノコ刃が円転して材を切断します。

製作過程_0451.JPG

  • 主に材の挽き割りと、緩やかな曲線切りに使います。性能も作りも良く、費用対効果の優れた機械です。広葉樹で、15センチ近い厚みの挽き割りの場合は、やや馬力不足を感じますが、普段は全く問題ありません。 

CIMG3462_1269.JPGCIMG3461_1268.JPG

  • テーブルをMDFで広く作り、テンションレバーに連動したスウィッチカバーを取り付けてます。これは、ノコ刃のテンションが緩んだ状態で、電源を入れてしまうのを、防ぐ為です。

米グリズリー社製9インチ・バンドソウ
CIMG2741_0639.JPG

  • 出力375W。主に材の曲線切りに使用します。小型で堅牢、オリジナルのガイドはベアリング式で、性能は宜しいですが、広葉樹の厚物相手では、良く馬力不足を感じます。快適な切断精度と速度を求めれば、モーター馬力は1馬力(750W)が欲しいところです。

CIMG2857_0768.JPGCIMG2859_0770.JPG

  • テーブルは購入時より、変形して使い物にならなかった事から、MDF材で作り、脚の代わりの棚のパイプに固定してあります。その為、広く安定したテーブル面が、得られました。現在はベアリングのガイドの代わりに、曲線切断用の自作ガイドで使用。

独ヘグナー社製糸鋸機
サイト用工房機械写真_0091.JPG

  • 本格的な、木工機械として初めて買った糸鋸機。元々高価な機械ですが、特売で、今では考えられない程の安値で買いました。
  • 出力100Wながら、床面に重たい振動が発生します。糸鋸機は、程度の差はあるでしょうが、どの機種も振動対策は必須です。変速機能、切り粉吹き飛ばし機能、テンションレバーなど、高機能な機種ですが、他社同等品と比べ、値段程に際立って高性能という訳では、無さそうですが、何よりもそのスタイルが格好良くて、気に入ってます。

サイト用工房機械写真_0103.JPG

  • 用途は主に、薄板の切り抜き、バンドソウで対応出来ない曲線の切断、仕上げ機械研磨のし難い部分の切断、等であり、切り口は、比較的奇麗です。
  • 但し、卓上型の出力100Wでは、(速やかな切断速度を望む私にとっては)些か馬力不足の感も有り、堅木で10ミリを超えると、それなりに切断速度が落ちますので、材の切り抜きの主役は、私の作業ではバンドソウです。

サイト用工房機械写真_0100.JPG

  • サイディングベルトを細く切って、糸鋸刃の代わりに取り付けて、サンダーとしても使いますが、合板などの薄板以外の研磨は、厳しいです。

bk2_top.gif